いま、何ゆえ立花壱岐なのか

立花壱岐とは?

立花壱岐の名は、一般にあまり知られた人物ではない。
その思想の根幹は、熊本の大思想家横井小楠の影響を色濃く受けた実学であるが、その生涯にわたってその思想を実践で表現していった行動の人であった。
早くから開国論に立脚し、諸外国に屈服して開国するのではなく、日本の大義を世界に広めるため、自発的に開国・通商をなすべきことを主張し、当時としては極めて斬新で、現代から見ればきわめて常識的な論を展開した。

続きは下記リンクからお読みください。

「いま、何ゆえ立花壱岐なのか」
▲クリックするとpdfファイルが開きます。